今日中にお金借りる

今日中にお金借りる方法|今すぐ即日融資でお金借りたい!!!

このサイトでは・・・
このサイトでは、今日中にお金を借りたい方のために、下記の内容についてご紹介しています。
  • 今日中にお金を借りる方法
  • 【※最短1時間】即日融資対応のおすすめカードローン

結論からお伝えすると、今日中にお金を借りるならプロミスアコムをオススメします。

 

両社とも、融資までのスピードに力を入れているので、『最短1時間』と非常に早くお金が借りられます。どちらとも大手銀行系のサービスなので安心感がありますし、初回利用なら30日間無利息で借入可能です。

 

時間をムダにせず最短でお金を用意するためにも、借入可能かどうか簡易審査を受けてみて下さい。

 

プロミス簡易審査を受けてみる>>

(簡単な項目を入力すればわずか数秒で結果が判明!)

 

・・・詳しくは記事をご覧下さい!

 

【※最短1時間】今日中に借りられる安心カードローンをすぐに確認>>

 

今日中にお金借りるならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループ。大手銀行がバックにいるので安心です。「はじめてのアコム」のフレーズで有名なアコムは、その歴史も長く老舗とも言える存在です。利用残高もNo.1で、お金を借りるのが初めてという方によく利用されている人気カードローンです。初回利用の場合、30日間無利息でお金を借りることが可能です。

詳細はこちら≫

プロミス

プロミスはSMBCグループ。やはり大手銀行がバックにいるので信頼感があります。プロミスの『WEB完結』では、申込みから借入れまでの一連の手続きがネット上で完結できます。審査スピードの速さを売りにしているので、急ぎで借りたい多くの方に利用されています。初めてのご利用なら30日間無利息(※1)で借入が可能です。

詳細はこちら≫

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

【即日お金借りる】ユーザーおすすめランキング

カードレス

★プロミスの基本情報
実質年率 4.5%〜17.8%
限度額 1〜500万円
審査時間 最短30分
運営会社 SMBCグループ
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
プロミスのWEB完結ならお金を借りるまでの手続き全てがネット上で完了できます。手続きの途中で、もしも不明点や疑問点があればオペレータースタッフに電話で丁寧に教えてもらえるので安心です。女性オペレーターが対応するプロミスレディースも男女どちらからも人気です。

↓※女性・男性どちらでも利用OKです↓
プロミスレディースの詳細を確認する>>

\即日融資ならプロミス!30日間利息ゼロ円♪/

最短即日

★アコムの基本情報
実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 1〜800万円
審査時間 最短30分
運営会社 三菱UFJフィナンシャル・グループ
アコム株式会社
アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの一員です。大手銀行がバックにいるので非常に安心感があります。お金を初めて借りるという方にぴったりのおすすめの安心カードローンです。
\最短60分で借入OK!しかも30日間利息ナシ!/

LPバナー 200x200

★新生フィナンシャル レイクALSAの基本情報
実質年率 4.5%〜18.0%
限度額 500万円
審査時間 申込み後、最短15秒で審査結果表示
運営会社 新生フィナンシャル株式会社
21時(日曜日は18時)までに全ての契約手続を完了すれば当日中に銀行振込みによる融資が受けられます。ただし、一部金融機関・メンテナンス時間等は除きます。
\Webからの申し込みなら最短60分でご融資可能!/

LPバナー 200x200

★SMBCモビットの基本情報
実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 800万円
審査時間 10秒簡易審査
運営会社 SMBCグループ
SMBCモビット
※申込曜日・時間帯により翌日以降での取扱いになることがあります。

\特に30代以上の方から支持されています/

 

今すぐお金を借りるなら大手消費者金融がオススメ!

今すぐお金を借りるなら、プロミスアコムなど即日融資対応の大手消費者金融カードローンがオススメです。

 

なぜなら、大手消費者金融カードローンは以下のような特徴を持っているからです。

  1. 即日融資対応で最短1時間で借りられる
  2. 審査の厳しい銀行に比べて比較的柔軟に対応してくれる
  3. 大手銀行系の企業なので信頼できる
  4. 申込み手続きがネットで簡単にできる
  5. 保証人も担保も不要
  6. 借りたお金の使い道が自由
  7. 一定期間無利息サービスがある(※一部業者を除く)

1.即日融資対応で最短1時間で借りられる

大手消費者金融は、借入までにかかる時間の短さを売りにしてアピールしている業者が多いです。プロミスアコムも、申込み完了から最短1時間程度でお金を借りることができます。

 

2.審査の厳しい銀行に比べて比較的柔軟に対応してくれる

通常、まともな借入先なら審査が行われます。審査に通過しないととお金を借りることはできません。多くの方にとって身近な金融機関といえば銀行だと思います。

 

たとえば、銀行で借りる場合も審査が行われますが、銀行カードローンの場合、審査が非常に厳しい傾向にあり、年収500万円程度以上はないと審査通過は難しいと言われています。

 

その点、プロミスアコムなどの大手消費者金融では、様々な状況の方の借入ニーズに比較的柔軟に対応してくれる傾向があります。

 

もちろん借入希望額にもよりますが、毎月の月収が数万円程度以上あれば審査通過してお金が借りられるケースもあります。(※プロミスの公式サイトでも、アルバイト学生やパート勤務の主婦でも利用可能と示されています。)

 

お急ぎの方は、審査通過の見込みがあるかどうか簡易審査を受けてみてください。(簡単な質問に答えるだけで数秒程度ですぐに結果が判明します。)

 

 

3.大手銀行系の企業なので信頼できる

急ぎでお金を借りたいときにも、焦って変なところから借りてしまうと後々のトラブルの元になってしまいます。お金を借りるなら、信頼できる期間から安心・安全に借りたいものですね。

 

その点、プロミスアコムなどの大手消費者金融は、有名銀行系の金融グループ企業なので信頼度も高く安心して利用できます。

 

大手消費者金融は有名銀行のグループ企業
プロミスSMBCモビット
SMBCグループ

 

アコム

三菱UFJフィナンシャル・グループ

 

レイクALSA

新生銀行グループ

 

4.申込み手続きがネットで簡単にできる

今すぐお金を借りたいときには、思い立ったその場で申し込めることが大切です。

 

プロミスアコムなどでは、ネットからの簡単な手続きで申込みができるので、借りたいと思ったその場ですぐにスマホやパソコンから申し込めます。

 

5.保証人も担保も不要

お金を借りる方法の中には、保証人や担保が必要なものがあります。

 

保証人は本人が返済不能になってしまった時に、代わりに借金を返済します。また、担保は本人が返済不能になった時に、売却して返済に充てます。このうち特に、保証人は非常に責任の重い役割なので、そうそう簡単になってくれる人は見つかりません。

 

その点、大手消費者金融のカードローンなら保証人も担保も不要なのでサクッと申し込むことができます。

 

今すぐプロミスの詳細を確認してみる>>

 

6.借りたお金の使い道が自由

お金を借りる方法の中には、銀行の目的別ローン(マイカーローン、ブライダルローン、トラベルローンなど)借りたお金を何に使うかという使い道が限定されているものがあります。

 

使い道が限定されているようでは借りたいと思った時にすぐに借りられません。

 

その点、プロミスアコムなどの大手消費者金融のカードローンでは、基本的に借りたお金の使い道は自由なので、いろいろなシチュエーションで申し込みやすいです。

 

7.一定期間無利息サービスがある(※一部業者を除く)

お金を借りる時にはできればお得に借りたいものです。

 

大手消費者金融の中には、初めて利用する方を対象として一定期間無利息でお金が借りられるサービスを実施しているところがあります。

 

当サイトで特にオススメしているプロミスアコムでは、以下のような内容の無利息サービスを実施しています。

プロミス

  • 対象者:初回利用者
  • 無利息期間:初回借入日の翌日から30日間無利息

 

アコム

  • 対象者:初回利用者
  • 無利息期間:契約日の翌日から30日間無利息

プロミス・アコムどちらも、30日間の無利息期間がありますが、初回借入日の翌日が無利息期間の開始日となっているプロミスのほうが有利です。

 

なぜなら、契約してからお金を借りるまでに期間が空いてしまうことがあったとしても、1日も無利息期間を無駄にすることがないからです。

 

ということで、無利息期間の開始日の違いを考慮すれば・・・

プロミスで借りたことがないなら断然プロミスがおすすめ!

プロミスでまだ借りたことがない方

プロミスで借りるのがオススメ

 

プロミスで借りたことがある方

アコムで借りるのがオススメ

 

今日中にお金借りるならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループ。大手銀行がバックにいるので安心です。「はじめてのアコム」のフレーズで有名なアコムは、その歴史も長く老舗とも言える存在です。利用残高もNo.1で、お金を借りるのが初めてという方によく利用されている人気カードローンです。初回利用の場合、30日間無利息でお金を借りることが可能です。

詳細はこちら≫

プロミス

プロミスはSMBCグループ。やはり大手銀行がバックにいるので信頼感があります。プロミスの『WEB完結』では、申込みから借入れまでの一連の手続きがネット上で完結できます。審査スピードの速さを売りにしているので、急ぎで借りたい多くの方に利用されています。初めてのご利用なら30日間無利息(※1)で借入が可能です。

詳細はこちら≫

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

ぜひとも知っておきたいカードローンの基本事項

ここではカードローンでお金を借りるのが初めてという方のために、ぜひとも知っておきたいカードローンの基本事項について解説します。

  1. 申し込みできる人の条件
  2. 申込みに必要な種類
  3. 審査内容と審査項目
  4. 在籍確認の内容と流れ
  5. 年収と借入可能額の関係(総量規制について)
  6. 利息の計算の仕方
  7. 返済シュミレーション
  8. 返済方法

1,申し込みできる人の条件

カードローンに申込みできる人の条件は、以下の2つの項目を両方とも満たしていることです。

 

・20歳以上であること
・安定した収入があること

 

20歳以上であること

お金の貸し借りは法律上「契約行為」というものにあたります。未成年が契約を行った場合、あとから取り消すことが可能です。

 

しかしながら、カードローン会社からすれば、あとから取り消されてしまったら安定的に事業を行うことができません。そこで、多くのカードローン会社では20歳以上であることを利用の要件としているのです。

 

安定した収入があること

借りたお金はきちんと返済して行かなければなりません。カードローン会社からすれば、返済して貰えないと貸し倒れとなってしまい、大損害を被ることになります。

 

そこで、カードローン会社では利用者の返済能力を計り、貸付可能かを審査するわけです。

 

収入は返済能力と密接に関係していますので、利用条件としても安定した収入があることが求められているのです。ちなみに、「安定した収入」というのは「毎月1回以上収入があること」です。

 

プロミスアコムなどでは、借入希望額にもよりますが、毎月数万円でもいいので安定的に収入があれば、審査通過してお金が借りられる可能性があります。

 

2.申込みに必要な種類

カードローンの申込みには、以下の2種類の書類が必要です。

  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • 収入証明書類(給与明細書など)

※ただし、収入証明書類は下記に該当する場合のみ

 

・借入希望額が50万円を超える場合
・借入希望額と他社借入額の合計が100万円を超える場合

収入証明書は一定の条件に該当する場合のみですので、これらにあたらなければ運転免許証などの本人確認書類さえあれば申し込むことが可能です。(※プロミスの場合)

本人確認書類

本人確認書類として使えるのは以下の書類です。

本人確認書類(※プロミスの場合)
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証 + 住民票

 

収入証明書類

収入証明書類として使えるのは以下の書類です。(※プロミスの場合)

収入証明書類(※プロミスの場合)
  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

※賞与がない方は直近2ヶ月の給与明細書をご用意ください。

 

3.審査内容と審査項目

カードローンに申し込むと、審査が行われます。審査は本人が返済不能になってしまい、カードローン会社が貸し倒れになってしまわないように、本人の返済能力について判断する目的で行われます。

 

審査においては、

  • 年齢
  • 年収
  • 勤務先
  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 居住形態
  • 家族構成
  • 他社での借入状況
  • 過去の利用履歴
  • 過去の延滞・滞納など金融事故の有無

などを参考に返済能力や信用をはかり、貸付可能かどうかの判断が行われます。

 

これらの項目は、申込時に記載した情報を参考にしますが、それだけでなく個人信用情報機関に蓄積されたクレジットやローンの利用履歴情報なども参考にされます。

 

したがって、返済能力を高く見せようと申込時に虚偽の申告をしてもすぐにバレてしまいます。もしも嘘をついていることがバレてしまっては、非常に心象が悪くなりかえって審査に不利に働くことも大いに考えられますので、申込みのときに記載する情報は正直に書くようにして下さい。

 

個人信用情報機関とは?ローン会社やクレジットカード会社は個人信用情報機関に加盟しています。この機関では、加盟会員間で個人がローンやカードを利用したときの記録が共有されています。

 

各ローン会社は、個人信用情報機関に照会をかけることにより個人の情報を取得して、審査に役立てているのです。個人信用情報機関のデータを活用することにより、個人の返済能力に応じた適切で迅速な審査が行われています。

 

4.在籍確認の内容と流れ

カードローンの審査の過程では「在籍確認」と呼ばれる手続きが行われます。在籍確認とは、申込時に記載された勤務先に確かに申込み者が在籍して勤務しているかを確認するために行われます。

 

通常、在籍確認は記載された勤務先電話番号に電話をかけて本人を呼び出すことにより行われます。
(※SMBCもビットのWEB完結など書面上で在籍確認を行う場合もあります。)

 

在籍確認では、おおよそ以下のような感じの電話が勤務先にかかってきます。

 

 

※消費者金融カードローンの在籍確認電話

 

プロミスアコムなどの大手消費者金融の在籍確認の電話は、おおよそ下記のような感じでかかってきます。

木村(カードローン業者担当者の個人名)と申しますが、○○さんはいらっしゃいますか?

大手消費者金融では、借入を同僚や会社にバレたくない利用者の心情に配慮して業者名でなく個人名のみを名乗ります。普通なら知人や取引先からの電話と見分けがつかないので、借入を周囲に知られたくない方も安心です。

 

※銀行カードローンの在籍確認電話

 

銀行カードローンの在籍確認電話は、おおよそ下記のような感じです。

××銀行の融資担当をしている木村と申しますが、○○さんはいらっしゃいますか?

銀行カードローンでは、大手消費者金融のような配慮がなく、モロに銀行名や融資担当であることを名乗ります。自分で電話に応答しない限り、同僚に借入がバレてしまう可能性が高いです。

 

在籍確認の電話は、あくまで勤務先に在籍していることを確認することが目的なので、それ以外にはあれこれと聞かれることもなくあっさりと電話は終了します。
プロミスアコムなどの大手消費者金融では、プライバシーに配慮してくれるので安心です。

 

在籍確認電話をかけてほしくない方へ

中には、「絶対にバレたくないので万全を期したい」、「普段電話がかからない職場なので怪しまれてしまう」などといった事情から、在籍確認電話を勤務先にかけてきてほしくないという方もいると思います。

 

そのような方にオススメなのが、SMBCモビットのWEB完結です。

 

・勤務先への電話連絡なし(※代わりに書面上で在籍確認を実施)
・自宅への郵送物なし

 

で利用できるので、勤務先やその同僚はもちろんのこと、親や配偶者などの家族にも誰にも借入を知られたくない方にオススメです。

 

5.年収と借入可能額の関係(総量規制について)

一般的に、年収が高いほど返済能力が高いと見られるので、それだけ借入できる金額は増える傾向にあります。(※もちろん他の要因もありますので一概には言えない面もあります。)

 

また、大手消費者金融で借りる場合、貸金業法に定められた「総量規制」というルールが適用されます。

 

総量規制とは『ローン会社等の各貸金業者からの借入の合計額が年収の3分の1まで』となるルールのことです。貸金業法の規制を受ける大手消費者金融では、この範囲内でしか個人への貸付を行うことができません。

 

ただし、初めて申し込んでいきなり年収の3分の1まで借りることは普通はできません。一般的には、初めての申込みの場合、年収によりますが10万円〜50万円程度の限度額が設定されるのが通常です。

 

6.利息の計算の仕方

お金を借りる時に気になるのが「利息がどれくらいかかるか」と言うことだと思います。ここでは、自分でかかる利息を計算する方法をお伝えします。

 

利息は、借入額・利率・期間が分かれば以下の計算式により算出できます。

利息 = 利用残高 × 実質年率 ÷ 365 × 利用日数

 

7.返済シュミレーション

お金を借りたときの返済額と利息をイメージしていただきやすいように、シュミレーションしてみましょう。

 

ここでは、大手消費者金融のなかで最大金利が最も低いプロミスで10万円を借りて半年(6ヶ月、6回)で返済するケースを例として紹介します。

 

※10万円といった少額の借入であれば通常最大金利が適用されます。

 

【シュミレーション】プロミスで10万円借りて半年で返済するケース

単位:円

回数 返済額 元金 利息 残高
1 17,542 16,059 1,483 83,941
2 17,542 16,297 1,245 67,644
3 17,542 16,539 1,003 51,105
4 17,542 16,784 758 34,321
5 17,542 17,033 509 17,288
6 17,544 17,288 256 0
累計 105,254 100,000 5,254 0

 

8.返済方法

カードローン会社各社では様々な返済方法を用意しています。返済の利便性の面からは、プロミスが特にオススメです。

 

プロミスでは、以下の返済方法に対応しています。

  • インターネット返済
  • 口座振替
  • 店頭窓口
  • プロミスATM
  • コンビ二(マルチメディア端末)
  • コンビ二や提携金融機関のATM
  • 銀行振込

このうち、

 

・24時間365日いつでも手数無料でスマホやPCから返済できるインターネット返済
・24時間365日いつでも手数料無料で身近なコンビ二から返済できるコンビ二マルチメディア端末(Loppi、Famiポート)

 

は特にオススメの返済方法です。

 

今日中にお金借りるならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループ。大手銀行がバックにいるので安心です。「はじめてのアコム」のフレーズで有名なアコムは、その歴史も長く老舗とも言える存在です。利用残高もNo.1で、お金を借りるのが初めてという方によく利用されている人気カードローンです。初回利用の場合、30日間無利息でお金を借りることが可能です。

詳細はこちら≫

プロミス

プロミスはSMBCグループ。やはり大手銀行がバックにいるので信頼感があります。プロミスの『WEB完結』では、申込みから借入れまでの一連の手続きがネット上で完結できます。審査スピードの速さを売りにしているので、急ぎで借りたい多くの方に利用されています。初めてのご利用なら30日間無利息(※1)で借入が可能です。

詳細はこちら≫

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。